ホームセンターで手に入るスチレンペーパー(デコパネ)を使い、安価で手早くラジコン飛行機が作れないか な〜と始めたデコパネ機、最近そこそこ飛ぶようになってきました。金額的な負担が少ないので仲間も参加しやすく、レギュレーションを決めてパイロンレース や空中戦などに最適。また、入門機としても、ジャンジャン落としても安上がり?コストパフォーマンスに優れた素材かなぁと考えています。
. Since 2004/03/15   
How to
■V-F1 の制作方法  


●全  長    : 800mm
●スパン     : 610mm
●パネル使用量: 約150g
●飛行重量   : 320g〜370g


【 推奨メカ 】
●モータ   : E-MAX CF2812-KV1534 ・ 2208-KV1450 など40g程度で KV1500前後
●プロペラ : 7x5 7x6 
●アンプ   : 20A〜30A
●バッテリー: 11.1V 800mAh(20C以上)〜 11.1V 1000mAh(20C以上)
●受信機  : 4ch以上
●サーボ  : 5〜10g程度のマイクロサーボ x 3個


【 価格 】
機体代金      : 2800円 



【 追加カーボン 】
主翼補強用にカーボンが付属しています。通常の飛行には充分な強度ですが、強風時やハイパワーなモーター搭載時や強烈なダイブ引き起こし時には、翼に捩れが生じる感じがあります。 主翼前縁にもカーボン補強を施すと、剛性高い主翼になります。

主翼補強用の追加カーボン(50cmx2本)を プラス200円で同梱します。
メールに、「追加カーボン」と記載下さい。

【 同梱 シール 】
A4サイズの紙ラベルシールシートに、インクジェットプリントしたシールです。


【 付属品 】
●切り出し済みパネル ●リンケージ用 ピアノ線 ●リンケージホーン ●ノイズレスパイプ(30mm) ●主翼補強用カーボン(40cm x 2本)
●モーターマウント(30mmx30mm  ベニヤ) ●ステッカー


【 V-F1 に ついて】 
某アニメの戦闘機fデザインをイメージして作ってみました。
デザインに重きを置いたので、同モーターを搭載したF14やF15より、スピードも上昇力も運動性も低速性能も劣ります。 それでも、E-MAX CF2812-KV1534 HP-850mAh 7x6ペラ 搭載で、バッテリーが元気なら、地面に立てた状態から、なんとか発航できるかな。

ダクトも搭載出来るように、ペラ穴はカットしていません。60mmダクト搭載で飛行していますが、ペラの方がパワー面では有利でした。


付属品1

パネル点数が非常に多いので、確認してください。

付属品2
付属品3 ( 左写真のステッカーは、フォッカー バージョンです)
一部パネルは、僅かに繋がった状態で切り出してます。
手で、ちょっと力を加えると、パキッと分割できます。
差込口のパネルも、取り外します。
【 仮組み 】

今回、部品点数が非常に多く、順序良く製作しないと組みあがらない場合がありますので、1度仮組みする事をお勧めします。

仮組みなので、接着剤は使わず、分解できるよう、差し込むだけで組み上げて行きます。 差込みだけで無理な場合は、マチ張りや虫ピンなどを使用して、留めていって下さい。
罫書き線が入っている胴体パネルが内側です。

内側 と 外側 のパネルの差込位置を変えていますので、
内と外を間違えて製作出来ないようにしています。
垂直尾翼は、ペラ用の罫書き線位置 より前に来ないように。

垂直尾翼に少し傾きがある機体なので、左右角度を合わすためのパネルを当てて、角度を調整してください。

仮組み終了です。


接着完成後に塗装するより、あらかじめ各パーツ毎に塗装した後、製作する方が、
塗装の塗り分けが簡単です。



主翼がエルロン
ダクト出口の間のパネルがエレベーターです
inserted by FC2 system